MOBILE
qrcode
LINKS
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

マルコボ通信

マルコボ.コムや100年俳句計画に関しての情報を発信します。
  100年俳句計画メールマガジンでは、
  タイムリーな情報をメールマガジンでお送りしております。(無料)
  ◆メールマガジンの登録・解除 ⇒ http://marukobo.com/mm/
今週のBGM (11) Simon & Garfunkel / The Columbia Studio Recordings, 1964-1970
今日のBGMはサイモン&ガーファンクル特集。

サイモン&ガーファンクル

Simon & Garfunkel
The Columbia Studio Recordings, 1964-1970

僕が自分の小遣いで初めて買ったレコードは、サイモン&ガーファンクルの「若き緑の日々」。1981年9月の伝説のライブ、セントラルパーク50万人コンサートを記念してのベスト盤だった。
当時のCMで流れていた「スカボロー・フェア」がどうしても聴きたくて、レコード屋でさんざん悩んだあげく買ったのだ。中学1年生の小遣いで、2500円はかなり高い買い物だった。

サイモン&ガーファンクル2

今ではほんの数千円(イギリス版のBOX-SETなら3900円!)で、オリジナルアルバムが全て揃うんだから、時代は変わったよなぁ。

ちなみにサイモン&ガーファンクルは、7月に来日して各地でドーム公演をするとのこと。行きたい!!!!
| 今週のBGM | 23:57 | comments(2) | - | pookmark |
今週のBGM (10) Adele / 19
今日の事務所のBGMは女性ボーカル特集でした。
アニー・レノックスやノラ・ジョーンズの間に流れたのが、アデル。
去年デビューしたばかりの新人で、アルバムタイトルは自分の年齢の19。

Adele / 19
アデル
19
Warner Music Japan

去年のちょうど今頃、何となく寄ったCDショップで視聴して、1曲目の"Daydreamer"で即刻ノックアウト。曲だけ聴いたら、絶対に10代だとは思わないだろう成熟した歌声。逆に言うと、初々しさはほとんどないのだけど…。フォークのようで、ロックのようで、R&Bのようで、ポップスのような、懐かしいようで、新しいような、そんなアルバム。特に好きな曲は、ボブ・ディランのカバー"Make You Feel My Love"。今もこの曲を聴きながらブログを更新しているのだけど、やっぱりいい。

ちなみに、今年のグラミー賞最優秀新人賞受賞。
評価の定まる前にこういうアルバムに出会えるのが、CDショップの楽しいところなんだよなぁ。
| 今週のBGM | 22:54 | comments(0) | - | pookmark |
今週のBGM (9) Beatles / Abbey Road
まずは、先週のプリンスに対するコメント。

何かを放電してるジャケ
ゲイは身を助く……!
| ヒメカイドー | 2009/04/18 12:09 AM |
↑プリンスって、結婚もしてたし、女の子大好きみたいだし、ゲイじゃないと思うんだけど……。

the Beatles / Abbey Road

さて、今日のBGMは言わずとしれたビートルズ。
久しぶりに「プリーズ・プリーズ・ミー」から写真の「アビー・ロード」まで続けて聴いたけど、やっぱりいいなぁ。
実は今年、2009年9月9日に、ビートルズのオリジナルアルバムがすべてリマスターされて発売されるのだ。
今回は初期のアルバムもステレオバージョンで登場するし、後期の作品のモノラル版も同時発売されるし、何かと話題になりそう。
とは言え、既にCDもLPも持っている身としては、40年以上も前の音源に2600円も出す気にはなれず、今回はパスしようと思ったんだけど、公式ホームページのCMを見てしまってからは、迷い始めています。
だって、CMがカッコ良すぎるんだもん。ブックレットも新しくなってるし、ビデオもついてるし。
……でも、全部そろえると高いよなぁ。先週のプリンスは、3枚組で2200円だぞ! 新作だぞ! ……輸入盤に期待しよう。
| 今週のBGM | 22:21 | comments(0) | - | pookmark |
今週のBGM (8) Prince / Lotusflow3r
prince_Lotusflow3r

今週は、Princeの新作。今回はなんと3枚組! そのうち2枚がプリンス本人の新作で、残る1枚がBria Valenteのデビューアルバム。売り出したい新人の作品を自分新作と一緒にパッケージにして発売するなんて、なかなか強引だけど、プリンスだからいいんです。しかも3枚組なのに、破格の2200円だし。
今回の作品は曲調も明るく、仕事もはかどるってなもんです。
それにしても、デビューしてから約30年。ほぼ毎年新作を発表し続けてるこの人のパワーって、いったい何なんだ。
| 今週のBGM | 14:22 | comments(1) | - | pookmark |
今週のBGM (7) Johnny Cash / The Legend
Johnny Cash / The Legend

今から20年ほど前、バブルの時代、「個人輸入」という言葉が流行ったことがある。小売店が輸入したものを買うのではなく、直接海外から商品を購入することで、通常よりも安く買えたり、日本ではなかなか手に入らないものが手に入ったりする。ただ、取引するにはそれなりにリスクがある。
今回紹介するジョニー・キャッシュの『The Legend』は、アメリカのamazon.comのマーケットプレイスで最近購入した。中古品とは言え、4枚組のBOXセットで16ドル+送料7ドル、計23ドルは安かった。円高なので日本円で2300円ほど。注文をして一週間ほどで商品が届いた。何とも便利な世の中になったものだ。それもこれもインターネットのおかげだねー。

ジョニー・キャッシュについて僕はあまり知らない。2003年、これまたインターネットで偶然に聴いた『hurt』に、一瞬で心打たれアルバムを購入。それは生前のラストアルバム『American IV: The Man Comes Around』だった。いつかまとめて彼の作品を聴いてみたいと思っていたが、ほぼ半世紀にわたるキャリアのため、どこから手をつけていいのかわからなかったところに、このCD-BOXに出会った。

中身は1955年から亡くなる前年の2002年までの曲が104曲。カントリーミュージック三昧の5時間! ロック少年の僕にとって、カントリーミュージックは演歌に通じる臭さがあって、本当は苦手なんだけど、彼の歌はクールでベタベタしないので、聴いてて気持ちがよい。しかも何度も聴いていくうちに味が出てくるスルメのようなところもある。これから先、長い時間を共に過ごしそうなCD-BOXだ。
| 今週のBGM | 23:38 | comments(0) | - | pookmark |
今週のBGM (6) Melody Gardot / Worrisome Heart
Melody Gardot/Worrisome Heart

今回は、ジャズボーカル。去年デビューした、メロディ・ガルドーのWorrisome Heart(邦題:「夜と朝の間で」)。一曲も聴いたことがなかったけど、ジャケットの写真がかっこよかったのと、amazonでの評判が良かったのと、安かったので去年の11月に購入しました。写真のイメージ通り、落ち着いて仕事が出来、いい感じ。僕が買ったのは輸入盤だったけど、国内盤も今は定価1600円で安いし、輸入盤より一曲多いしおすすめです。
ジャズの有名なアルバムって、演奏者が亡くなっている場合が多いのだけど、この人は今年23歳。若いっ! 最近新作も出たようで、それも気になる。

先週のU2へのコメント。
>U2新作買います! イーノおじさん元気そう。週末にはローリングストーンズ悪爺達の
>ライブ・ドキュメンタリー映画を地元の シネマへ観に行かねば! ッ!いつき組の花見
>じゃ!
>| ヒメカイドー | 2009/03/27 2:10 AM |
↑先日の花見では、Rock談義につきあっていただき、ありがとうございました。「Rockを聞いている人間は、なんだかんだ言っても、60年代に青春を過ごした人がうらやましい!」という言葉が、ホント身にしみる。
| 今週のBGM | 10:46 | comments(0) | - | pookmark |
今週のBGM (5) U2 / No Line On The Horizon
U2 / No Line On The Horizon

今週はU2の新作。そしてプロデュースは、ブライアン・イーノ。
ヒメカイドーさん、イーノはバリバリに活動中です!
作品は、U2(ボノ?)の昨今の平和活動を反映したものになっていて、とっても現代的。こういう作品は新作のうちに味わいたいですね。もちろん、時間がたって評価が変わるような作品ではないけど、時代を背負った作品は、その時代にタイムリーに味わえる幸せっていうのもあるのだ。
| 今週のBGM | 11:13 | comments(1) | - | pookmark |
今週のBGM (4) David Byrne & Brian Eno /Everything That Happens Will Happen Today
Everything That Happens Will Happen Today
ブライアン・イーノとデイビット・バーンの27年ぶりに競作した新作。
付属のブックレットの写真を見ると、二人とも年をとったなぁと思うのと同時に、音楽の若々しさに心躍る作品。

Everything That Happens Will Happen Today 2

家の絵のジャケットに、それを開いたときに現れる一面の芝生、そして1曲目の「HOME」。80年代のニューウェーブから現代まで、芸術性の高いこととポピュラーであることを、矛盾なく取り組んでいる二人が、21世紀初頭に発表する作品が「ありふれた日常の大切さ」であるというだけで、ぐっとくるものがある。
聴きやすい曲もあれば、挑戦した曲もあり、耳になじむまでにはしばらくかかるアルバムではある。でも、一曲ずつ善し悪しを評価するたぐいのものではなく、全体で味わうアルバムだと思う。

それは句集を味わう時だって同じ。句の善し悪しばかりに気をとられていると、その作品集の本質にはたどり着けない。一次元的な言葉として俳句を味わうなんて、何とももったいないことで、レコードやCDや絵本と同じように、3次元の物体としての句集は味わうべきものだと、僕は思う。
だって、新しく買ったアルバムも句集も、手に持ったときの嬉しさって、重要じゃない?
| 今週のBGM | 12:04 | comments(1) | - | pookmark |
今週のBGM(3)Amy Winehouse/Back to Black
いつき組の編集もそろそろ本格的に始まり、ここは一発気合いの入った曲ということで、エイミー・ワインハウスの登場。去年のグラミー賞では、主要3部門含む5冠を獲得し、一躍時の人となった。
写真の「Back to Black」というアルバムは素晴らしく、特に、"Song Of The Year(最優秀楽曲賞)"を獲得した「Rehab(リハブ)」のカッコ良さは圧巻。アルコール中毒を治すためのリハビリを嫌がってごねるという歌詞もかなりきわどい内容。
というわけで、張り切って「いつき組」編集中!

Back to Black

>うちでは25年前のアンプ(トリオ)とレコードプレーヤーを使っています。
>しばらく使ってなかったのですが、去年の引越しを機に引っ張り出しました
>(ちょっと修理が必要でしたが)。
>私は高校時代にクラシックの廉価版を買って聴いていました。
>その当時のレコードの値段と今のCDの値段にあまり差がないですよね。
>本当に昔のレコードって高かったんだなあ。
>| 樫の木 | 2009/03/05 7:50 PM |
レコード(CD)の値段って、むしろ安くなっているよね。僕は洋楽をよく買うので、特にそう思う。輸入盤なら、1500円ほどで買えるし。

>LPはよかった。ジャケットはそれだけでアートでしょう。 東京から戻る時
>すべて処分した事を悔やまれます。(五百数十枚、見返りは数十万円)60年
>代からのブリティッシュ、アメリカンロックたち… もうCD化せず聞く事ので
>きないグループもあった筈。いつかふとメロディが甦ればいいか。
>| ヒメカイドー | 2009/03/07 12:17 AM |
↑CDになってよかったところは、LPの時代には廃盤になっていたレコードがかなりCD化されたこと。それでもレコードがすべてCDになった訳じゃない。20年前のロサンゼルスオリンピックの公式アルバムって、やっぱりCD化されないよなぁ。

ここで告知。松山のレコード店(CDショップ?)「モア・ミュージック」では、3/18〜31まで開店26周年セールを行います。中古商品すべて20%off! 新品もサービス券2倍プレゼント! しかも、18日に限り、中古商品は26%off!
モア・ミュージックホームページ
僕は中学生の頃からお世話になっているお店で、大久保さんにはかつていつき組でも記事を書いていただいたことがあります。溢れかえっているレコードやCDの中、至福の時間を過ごせるお店なのであります。掘り出し物もたくさんありそうだし、僕も行ってみようと思っております。
| 今週のBGM | 16:56 | comments(0) | - | pookmark |
今週のBGM (2) サザンオールスターズ/kamakura
kamakura1
昔集めたレコードを聴きたくなって、最近レコードプレーヤーを買った。5000円程の安物だけど、フォノイコライザを内蔵してるので、便利なプレーヤー。
そして久しぶりにレコードを聴くとこれがなかなか楽しい。LP(ロングプレイの略)でも片面たった20分ほどなので、BGMにしにくく、逆に音楽に向き合わざるを得なくなるところも、魅力なのだろう。
で、プレーヤーを買うと欲しくなるのが、レコード。そこで先週末に中古レコード屋に行って物色するも、結構高い。特にJAZZはいまだにレコードを買う人がかなりいるようで、一枚1500円以上のものがざらにある。僕は音楽ファンであって、オーディオファンではないので、そんなにするなら新品のCDを買ってしまう。
中古のレコードは、発売当時たくさん売れて、今になってレコードでは聴かないようなものが安い。そこで目を付けたのが「歌謡曲」の棚。サザンオールスターズのアルバム、kamakura(480円)をゲットした。「メロディ」に「バイバイマイラブ」、あー、懐かしい。発売当時(85年)高校生だった僕には、2枚組4000円のこのレコードはなかなか手のでない物だった。大人になってCDでは持っているけど、やっぱり30cm角の大きなジャケットの魅力は、代え難いものがある。

kamakura2

せっかくなので、事務所に持ってきて香奈ちゃんに見せたら、「レコードって裏面も聴けるんですか?」と訊いてきたきた。うむ、CDが発売された時には「CDの裏面は聴けないのですか?」という人が沢山いたのに。20年の歳月って、常識を変えるんだね…。
ちなみに事務所では、先週お伝えしたとおり、ipodに入れて聴いている。BGMにはやっぱりデジタルの方が便利。
| 今週のBGM | 10:44 | comments(2) | - | pookmark |