二字の架け橋イラスト

 

「二字の架け橋」とは、前句(お題句)のおしり二字をつないでいくしりとり句会。
お題句に選ばれた方をニジラーと呼ぶ。
選ぶのは、らまる。性格は、気まま、きまぐれ。
瞬発力と発想力に驚いたら選ぶ傾向あり。

 

■前回までの二字句

四天王順に見上げて冬の虹    みかり(俳缶最終回2008年12月28日の一句)
二重跳びできて桜の次はなに    錯錯 
なにごともなかれと祈る昭和の日    恋衣
伸びた髭剃って就活風薫る なまけもの

 

お待たせしました、5月18日〆切の結果発表〜。

 

■候補句
オルレアンの乙女憤死の五月かな    ぐずみ
 ぐずみさん、更新すぐの投句に驚異の9句出し。存分に楽しんでいただけて幸いです。

 

おるすばんして家広き五月闇    ジョニー
 このコロナ禍でそんな思いをしている子どもたちがたくさんいることでしょう。

 

オルテガ柄のカーディガンを羽織る夏    スギモト
 アレンジさすが。あの柄ですね〜。

 

オルガンや春愛でるふり惜しむふり    ぐわ
オルガンを靴に隠すや雨蛙    薔薇真理コ
オルガンのフカフカスース梅雨じめり    やゆよ
 オルガン3句。鍵盤の柔らかさ、音のふわっとした感じ、懐かしさが詰まってます。


居る気配消せぬ影濃き揚羽蝶    のり茶づけ
おると聞きすぐに訪う春の宵    サトシ
おるかなあ?母の手を引き蛍狩り    なまけもの
 居る3句。なんとなくすべて影というか夜を感じます。

 

折る指の太き節かな蛸剥がす    南亭 骨太 

 ごつごつした指、いきのよい蛸が見えてきます。

 

折るごとに鶴は飛び立つ炎天へ    恋衣 
 折り鶴と気づけば、いろんな思いが込められてることに気づいてしみます。

 

オルソケラトロジー立夏にある葉脈    蝉川
 専門用語でたー。コンタクトレンズのなにかみたいですね。

 

オルゴール奏づショパンや薔薇の雨    朱理
 華やかなリビングでしっとりと軽やかな音。

 

オルニチン知るは呑み助夏の宵    かおり
 まこと、お世話になっております。

 

織るはずのわたくし雪の絵本かな    タカカイ・ケック 
 謎多いけど、魅力的な世界。鶴の恩返しともとれるが。

 

■第4回ニジラー&お題句


 オルゴール最後にカチといふ立夏    ひでやん
 
 今回のニジラーはひでやんさん。いろんな意味でぴしっと決まってる。オルゴールの音色の哀愁と、その音の止まり方。カチという音とともに、そこにあるのは静寂。そこにとりあわせた立夏という季語が、次の始まりを示唆。気持ちよい一句でした。というわけで次のお題は「つか」から始まる一句。

 

■次回兼題「つか」「っか」「づか」「つが」「っが」「づが」で始まる一句。


■〆切:5月25日(月)正午
↓↓↓下のコメント欄まで

 

■ルール
1.前の句のおしり二字がお題
濁音、半濁音のアレンジはOK。
前句が「かな」で終わった場合、「かな」でも「がな」がお題。
前句が「葉っぱ」で終わった場合、「っぱ」「っは」「っば」「つは」「つば」「つぱ」「づは」「づば」「づぱ」が
お題。
2.お題から始まる俳句をコメント欄に投句(一人何句でもOK)

コメント
つかうまつる泰山木の花の下
  • by ぐずみ
  • 2020/05/19 12:52 PM
司る人より強し母の腕
  • by らぴすらずり
  • 2020/05/20 12:02 PM
使い捨てマスクを何度も洗ったよ
  • by スギモト
  • 2020/05/20 1:17 PM
っかめくサンバのリズムコカ・コーラ―
  • by ぐずみ
  • 2020/05/20 1:28 PM
すいません、↑の句は

っかめくサンバのリズムコカ・コーラ


で、お願い致します。m(__)m ぐずみ拝
  • by ぐずみ
  • 2020/05/20 1:33 PM
疲れ目を閉じるベランダ梅雨の星
  • by ぐわ
  • 2020/05/20 2:45 PM
塚守る武人の髭や夏の草
  • by ひでやん
  • 2020/05/20 7:51 PM
疲れてもキャベツ千切る肥満体
  • by 薔薇真理コ
  • 2020/05/21 11:31 AM
掴まれて玉子となりぬ夏蒲団
  • by 薔薇真理コ
  • 2020/05/21 12:23 PM
ヅカ言葉仁川の道を姫女苑
  • by ぐずみ
  • 2020/05/21 3:34 PM
つかず離れずのくらしや胡瓜揉む
  • by 空山
  • 2020/05/21 10:44 PM
ツカツカとづかづかと夏不等号
  • by かおり
  • 2020/05/22 7:10 AM
栂の根太組めば五月雨頬を打つ
  • by 南亭 骨太
  • 2020/05/22 7:45 AM
津軽路の春は五月や桜桃忌
  • by ぐずみ
  • 2020/05/23 9:38 AM
っがる弁に若き夏雲八甲田
  • by ぐずみ
  • 2020/05/23 12:04 PM
図画室に首なきトルソ蝉の穴
  • by ぐずみ
  • 2020/05/24 11:12 AM
塚地ぼぼぼぼくはタンクトップだな
  • by タカカイ・ケック
  • 2020/05/24 5:32 PM
束のごと疫病のグラフもう薄暑

使いすぎ声の飛び交う薄暑なり

つかつかと疫病もう若葉風です
  • by やゆよ
  • 2020/05/25 9:46 AM
塚だったのか苔茂る秘密基地
  • by なまけもの
  • 2020/05/25 11:00 AM
捕まえてすぐに逃がしてやる蛍
  • by 錯錯
  • 2020/05/25 11:06 AM
津軽弁集ふ立ち呑み梅雨寒し
  • by 朱理
  • 2020/05/25 11:14 AM
捕まへてまた逃げられて春朧
  • by 朱理
  • 2020/05/25 11:19 AM
使わないメガネつければメジロかな
  • by 薔薇真理コ
  • 2020/05/25 11:57 AM
つがひにて浮名をながす通し鴨
  • by ぐずみ
  • 2020/05/25 12:33 PM
すいません、↑の句は

つがひにて浮名を尾瀬に通し鴨


に差し替え願います。 m(__)m
  • by ぐずみ
  • 2020/05/25 12:43 PM
二字って頂き有り難うございます。
以上をもちまして、投句は締め切ります。

ぐずみさん、差し替え承りました。

  • by らまる
  • 2020/05/25 1:12 PM
コメントする